ポタラ ニュース
 これまでのポタラ・カレッジからのニュース一覧です。
2010年10月開講講座のお知らせ
初心者向けにチベット仏教の全体像をわかりやすく解説する『チベット仏教入門』、 日本でもなじみ深い般若心経をチベット仏教の観点から説明する『般若心経の解説』、 ツォンカパ大師の密教の主著『ガクリム・チェンモ』のうち、無上瑜伽タントラ二次第を説いた第十一品以降を、 引用経軌も含めて詳説する 『真言道次第広論−無上瑜伽二次第の解説』、 初めてチベット語を学んでみたいという方のための『チベット語入門』、 遠方の方、お忙しい方でも学べる新通信講座『菩薩戒の解説』など、新たなコースが開講されます。(2010年10月〜)
大阿闍梨チャンパ・リンポチェ師によるチベット密教の 伝授
チベット仏教ゲルク派大本山デプン寺ロセルリン学堂の高僧で事相の大家として名高いチャンパ・リンポチェ師をお招きし、平成22年4月3日から18日にかけて、密教の灌頂などを授けていただきました。
2010年4月開講講座のお知らせ
チベット仏教ゲルク派の伝統教学に於ける「中観学」の最終結論となる、究極の見解チャンドラキールティの主著を学ぶ『入中論』、 チベット語を通じて、唯識思想を学びたい方にお勧めの『チャンキャ宗義書講読』、 無上瑜伽タントラの修行を実践したい方へ、特にお勧めの『ヤマーンタカ十三尊成就法』、 弥勒菩薩の教えを通して、仏教の基本を巾広く学べ,初心者にもお奨めの『大乗荘厳経論』など、新たなコースが開講されます。(2010年4月〜)
2009年10月開講講座のお知らせ
ナーガールジュナやナーローパやルーイーパなど、無上瑜伽タントラの道を窮めたインド後期密教の聖者たちの足跡を辿る『八十四成就者伝』、 パンチェン・ラマ四世、五世の密教的な瞑想法を元とした『ラムリム』、 ツォンカパ大師の直弟子による密教の総論を学ぶ『密教総説』、 仏教論理学による心の分析『ロリク』など、新しいコースが開講されます。(2009年10月〜)
2009年秋季集中講習「師事法五十頌の解説」
自分自身のラマをどう選び、そのラマにどのように仕え、頼り、教えを受けるかという「師事作法」の内容は、仏道修行の道を歩むうえで必ず知っておくべき重要な課題です。仏教全般の枠組みとしては、ツォンカパ大師が「ラムリム」の冒頭で、このテーマを強調してお説きになっています。
2009年秋季集中講習「仏教論理学- 一切智の論証」
ダルマキールティ(法称)の『量評釈』第二章「量成就品」をもとに、輪廻転生と解脱の論証方法を学びます。私たち衆生が輪廻転生を繰り返す在り方、その原因である煩悩を断って解脱する仕組み、さらに一切智たる仏陀の境地を得る可能性について、仏教論理学・認識論の手法を通じて確信を深めることは、仏教の実践に極めて有益です。
2009年秋季集中講習「観世音成就法の指導解説」
 観世音(観自在)菩薩は、仏の限りない慈悲を体現する本尊で、チベット仏教でも宗派・僧俗の区別なく篤い信仰を集めています。その六字真言「オーン・マ・ニ・ペー・メ・フーン」をお誦えすることは、いわばチベット仏教の世界への入口です。
デプン寺ロセルリン学堂 前僧院長による チベット仏教の伝授(中論の講伝etc.)
本会と格別に御縁の深い大本山デプン寺ロセルリン学堂で、僧院長を昨年までお務めに なったケンスル・リンポチェ=ゲシェー・ロサン・ギャツォ猊下が、5月の連休に来日されます。今回は、ナーガールジュナの『中論』とヴァスバンドゥの『倶舎論』を、集中的に伝授・解説していただきます。この二つは、仏教を本格的に学修するために必要不可欠な教理の拠りどころとなる、極めて重要な根本聖典です。(2009/5/2-10)
大本山デプン寺ロセルリン学堂は、こうした聖典の教えを徹底的に学修・研究する教学の根本道場として、チベット仏教界で随一の名刹です。そのロセルリン学堂を長年率いてこられたケンスル・リンポチェから、これらの教えを直接受けられるというのは、極めて貴重な得難い機会だといえます。
2009年4月開講講座のお知らせ
インドの聖者シャーンティデーヴァ(寂天)が絶妙な韻律と鋭い論理を駆使して大乗仏教思想の 心髄を説いた『入菩薩行論』、カーラチャクラ系無上瑜伽タントラの秘法「文殊ナーマサンギーティ」、ツォンカパ大師の解説に基づく「ナーローの六法」、入門修行を実践する「前行道場−金剛薩た」など、新しいコースが開講されます。(2009年4月〜)
ゲルク派副管長チャンツェ法主によるチベット密教の伝授
設立10周年を記念して、チベット仏教ゲルク派副管長チャンツェ法主リゾン・リンポチェ猊下をお招きし、「設立10周年記念法要」を東京センターで厳修します。それと併せて、宗祖ツォンカパ大師御自伝の解説、ペルデン・ラモや金剛手の許可灌頂など、貴重な教えの数々を授けていただきます。(2008/10/09-20)
2008夏の特別行事「チベットの真の平和と仏法護持のために」
仏教の聖地であるチベット本土が、大変不幸な事態に見舞われています。「チベット問題」への理解を深めるための勉強会を企画しました。 (2008/07/21)
2008年4月開講講座のお知らせ
チベットの伝統教学に沿って唯識思想を探求する「唯識三十頌の解説」、カーラチャクラ系無上瑜伽タントラの秘法「文殊ナーマサンギーティ」、ツォンカパ大師の解説に基づく「ナーローの六法」、入門修行を実践する「前行道場−曼荼羅供養」など、新しいコースが開講されます。(2008年4月〜)
2008年GW集中講習「入菩薩行論と大乗集菩薩学論」
インドの聖者シャーンティデーヴァの二つの論書『入菩薩行論』と『大乗集菩薩学論』を比較対照しながら、大乗仏教思想の核心に迫ります。(2008/05/03-06)
2008年春季集中講習「帰依と菩提心」
大乗仏教徒としての基本を身につけるために必要な帰依と菩提心について、平易に解説します。(2008/04/12)
2008年春季集中講座「仏教論理学−輪廻と解脱の論証 2」
ダルマキールティ(法称)の『量評釈』第二章「量成就品」をもとに、輪廻転生と解脱の論証方法を学びます。(2008/04/05-06)
2007年10月開講講座のお知らせ
全く初めての方を対象とする「チベット語入門」、密教とチベット医学の教えに基づくヒーリングを体験できる「薬師如来の成就法」、八大本尊やゾクチェンの教えを概観する「グル・リンポチェの御事績と教え」、入門修行を実践する「前行道場−グルヨーガ」など、新しいコースが開講されます。(2007年10月〜)
チャト・リンポチェ師による チベット密教の伝授
、四部タントラの全てに精通した事相家として、ダライ・ラマ法王猊下からも厚い信頼を受けている阿闍梨チャト・リンポチェ師をお招きし、密教の灌頂などを授けていただくことになりました。(2007/09/26-10/7)
2007年4月開講講座のお知らせ
心の訓練「ロジョン」、仏教の基礎学「倶舎論」、入門修行を実修する「前行道場(金剛サッタ)」、 無上瑜伽タントラの行法の基本「ヤマーンタカ成就法」、チャクラやルンの解説「チベット医学と密教」、 中観哲学と仏教用語を学ぶ「チベットの般若心経」など、新しいコースが開講されます。(2007年4月〜)
4月の行事「止観−集中と分析の瞑想」
対象に心を一点集中する「止」と、対象を観察・分析する「観」という、二種類の瞑想について、その理論や実践方法を解説します。(2007/04/07-08)
チャンパ・リンポチェ師による チベット密教の伝授
チベット仏教ゲルク派大本山デプン寺ロセルリン学堂の高僧で事相の大家として名高いチャンパ・リンポチェ師をお招きし、密教の灌頂などを授けていただくことになりました。(2007/02/01-13)
2006年10月開講講座のお知らせ
全くの初めての方を対象にした「チベット語入門」、仏教の基本を分かりやすく学ぶ「龍樹の手紙」、教理と実践を体系的に学ぶ「ラムリム・チュンワ」、入門の修行を実践指導する「前行道場」(帰依と発心)、仏教哲学を詳しく学ぶ「宗義宝鬘」、僧院の基礎課程教科書を学ぶ「ドゥータ」など、新しいコースが開講されます。 (2006年10月〜)
夏季集中講座1「金剛般若経の解説」
「般若経」系の大乗経典として日本でも有名な『金剛般若経』について、チベット仏教に 伝わる諸注釈をもとに、経典の意味とその教えの中身を分かりやすく解説します。(2006/08/12-13)
夏季集中講座2「インド仏教四学派の宗義」
説一切有部・経量部・唯識派・中観派というインド仏教の四学派の見解の特色について解説します。(2006/08/14-15)
チャト・リンポチェ師による チベット密教の伝授
ダライ・ラマ法王直属のナムギェル寺で僧院長を務められた高僧チャト・リンポチェ師をお招きし、密教の伝授を授けていただくことになりました。(2006/05/04-08)
2006年4月開講講座のお知らせ
全くの初めての方を対象にした「チベット語入門」、大乗仏教思想を分かりやすく学ぶ「三十七菩薩行」、本格的な密教の 行法を習得する「上師供養の解説」など、新しいコースが開講されます。 (2006年04月〜)
四部タントラ概観
ツォンカパ大師の『真言道次第論(ガクリム・チェンモ)』などに準拠しつつ、できるだけ平易に「四部タントラ」の密教体系を解説します。 (2006/03/21)
「祈願大祭法要」ムンラム・チェンモ
「祈願大祭法要」を厳修します。釈尊の偉業に随喜して功徳を積み、祈りを捧げる善き機会です。 (2006/03/14)
中観の四念住
ダライ・ラマ7世法王が道歌としてまとめた「中観の見解教導、四念住の道歌」を解説します。 (2005/12/23)
「ガンデン・ガチュー」法要

ツォンカパ大師の御命日に大師の遺徳を偲び、法要を行います。
(2005/11/03)

新年法要

どなたでも自由に参加できますので、皆様お誘い合わせのうえ、是非いらっしゃってください。
(2006/01/04)

チベットの般若心経・入門
お釈迦様の真意そのものを極めて短く凝縮して説き明かした経典『般若心経』の入門です。
(2006/01/09)
輪廻転生と解脱―順逆の十二縁起
輪廻転生を繰り返す仕組みと、そうした煩悩と苦しみの悪循環から解放される解脱の道について、十二縁起の順観と逆観を通じて考察します。
(2006/01/09)
  チベット語文法の概要2
チベット語の既習者を対象に、文法の概要を分かりやすく整理し、仏典の読解などにすぐ役だつ知識を提供したいと思います。9/19の続きです。(2005/11/03)
  ラパプ・トゥーチェン法要
チベット暦の9月22日(今年の場合、新暦11月23日)に、釈尊の偉業に対する随喜と感謝を込めた法要を行います。(2005/11/23)
  カ−ラチャクラ入門
ダライ・ラマ法王が世界各地でお授けになっている灌頂法儀の中身を、平易に説明する予定です。
(2005/11/23)
2005年10月開講講座のお知らせ
初心者の方を対象にした「チベット仏教入門」、「菩提道灯論」、「智慧者への入門」ど、新しいコースが開講されます。(2005/10/22〜)
チベット語文法の概要
チベット語の既習者を対象に、文法の概要を分かりやすく整理し、仏典の読解などにすぐ役だつ知識を提供したいと思います。(2005/09/19)
観自在の成就法
深い智慧に裏づけられた優しい大慈悲を育むための修行「観自在の成就法」を、平易に解説・瞑想指導します。(2005/09/23)
ダライラマ5世の「ラムリム」
ダライ・ラマ5世法王が簡潔にまとめた『菩提道次第の教導書、文殊の口訣』をテーマにして、阿含相伝(ルン)を授けるとともに内容を解説します。(2005/10/8-10)
ナーガールジュナ『根本中論』の解説
『根本中論頌』の中でも特に重要な教えとして、縁起を説く第一章と無我を説く第十八章を取りあげ、できるだけ平易に解説します。(2005/08/13-15)
ダライ・ラマ5世のラムリム3
昨秋の秋季集中講座に引き続き、上士(菩薩行)の部分を説明します。(2005/05/03-04)
六座グルヨーガの瞑想指導
無上瑜伽タントラの灌頂を受法した方を対象に瞑想の実践指導を行います。(2005/04/29)
2005年4月開講講座のお知らせ
初めての方を対象にした「チベット語入門」や、「般若心経写経」、「ゾクチェン前行」、「チベット医学の基礎知識」など、新しいコースが数多く開講されます。(2005/04/18〜)
大阿闍梨チャンパ・リンポチェ師によるチベット密教の伝授
チベット仏教ゲルク派大本山デプン寺ロセルリン学堂の高僧で事相の大家として名高いチャンパ・リンポチェ師をお招きし、平成17年3月17日から4月3日にかけて、密教の灌頂などを授けていただくことになりました。(2005/03/17〜4/3)
  広島教室臨時講習
「チベット仏教の死生観」「般若心経とチベット仏教の修道論」についての臨時講習会を広島教室にて行います。 (2004/12/06)
  「ガンデン・ガチュー」法要
ゲルク派宗祖ツォンカパ大師の御縁日に大師の遺徳を偲び法要を厳修致します。 (2004/12/07)
観世音の成就法
ニンマ派の伝統に基づいた観世音の儀軌を解説し、瞑想法を平易に指導します。 (2004/12/23)
パンチェン・ラマの死者の書
『中有隘路の救度祈願』を教材に、人間の死のプロセス、死後の存在である中有(パルト)の在り方、そして来世へ転生する仕組みを考えます。 (2005/01/10)
日常生活の中での仏教実践
私たちが仏教徒として日常生活を送る中で、行住座臥にどのような実践を行なうべきかを、様々な角度から紹介しつつ実地に指導します。 (2004/11/03)
認識論入門
ディグナーガ(陳那)やダルマキールティ(法称)によって確立された心の分析で、現量(直感的正しい認識)や比量(推論的正しい認識)などの認識パターンを考察します。(2004/11/04)
ラパプ・トゥーチェン法要
釈迦牟尼仏が天界へ赴いて仏母摩耶夫人と再開した後、再び地上へ戻って来られた御縁日の法要を開催します。(2004/11/04)
2004年10月開講講座のお知らせ
2004年秋の新講座が10月より順次スタートします。本物のチベット仏教を学び、実践してみませんか?(2004/10)
ダライ・ラマ5世のラムリム
チベット仏教の教理と実践の集大成として有名な「ラムリム」の口伝(ルン)を授けるとともに内容を解説します。夏季特別講習に引き続き第2回を開催します。(2004/10/10-11)
論理学入門
仏教哲学を本格的に学ぶために欠かせない「論理学」の基礎知識を、初心者にも分かりやすく解説します。(2004/09/23)
ダライ・ラマ5世のラムリム
チベット仏教の教理と実践の集大成として有名な「ラムリム」の口伝(ルン)を授けるとともに内容を解説します。(2004/08/19)
真言念誦祈願法会
一切衆生の抜苦与楽と世界平和を祈念し、諸尊の御真言を一同で念誦する法会を開催します。(2004/08/29)
ダラムサラ仏教論理大学長によるチベット仏教の講話・伝授
「般若学」の根本論書として極めて大切な弥勒菩薩の『現観荘厳論』の伝授・解説をはじめとする教えを授けていただきます。(2004/07/16-21)
ダライ・ラマ法王御誕生日慶祝・御長寿祈願法要のお知らせ
チベット最高指導者ダライ・ラマ14世法王の御誕生日の法要を実施します。(2004/07/06)
サカダワ法要のお知らせ
お釈迦様の誕生・成道・入滅の聖日「サカダワ」の法要を実施します。(2004/06/03)
2004年4月開講講座のお知らせ
春の新講座が4月より順次スタートします。本物のチベット仏教を学び、実践してみませんか?(2004/04)
集中伝授・ラムリムとロジョンの秘訣
定期講習への御参加が困難な方も、教えに直接触れるチャンスです。(2004/05/02-04)
大聖者ミラレーパの生涯と教え
ミラレーパ御自身がお説きになった歌を幾つか紹介し、その教えの要点を探ってみます。(2004/04/11)
チベット仏教の学び方
日本人が時間を有効に使いながらチベット仏教の要点を効果的に習得するための方法論を、様々な角度から考えます。(2004/04/10)
チベット暦正月「ロサル」の集い
チベット舞台芸術団TIPAのライブとおいしいチベット料理をお楽しみください。(2004/02/22)
2004年新春講演「チベットの般若心経」
日本でも馴染み深い「般若心経」をチベットの伝統教学に基づいて解説します。(2004/01/12)
第百世ガンデン座主猊下によるチベット密教の伝授
ゲルク派の最長老、第百世ガンデン座主ゲシェー・ララムパ・ロサン・ニマ猊下をお招きし、密教の灌頂などを授けていただくことになりました。(2003/12/09-18)
チベットの仏教と文化を正しく知るための講演会
チベット仏教の特色を明らかにし、慈悲と智慧の教えの本質に迫ります。(2004/11/23)
2003年10月開講講座のお知らせ
秋の新講座が10月21日より順次スタートします。本物のチベット仏教を学び、実践してみませんか?
ポタラ・カレッジ設立5周年記念行事
5周年を記念して、デプン寺ロセルリン学堂僧院長によるチベット仏教の伝授を東京・京都にて行います。(2003/10/4-13)
アティーシャ大師の『菩提道灯論』
『菩提道灯論』の根本頌を概観し、その特色を平易に解説するとともに、『菩提道次第論』との比較検討を試みてみたいと思います。(2003/09/23)
チベット仏教文化講演会 in 大分
チベット仏教文化を分かりやすく紹介する講演会を九州でを行います。(2003/09/14-15)
ゲルク派版チベット死者の書の解説
人生の無常について実践的に考察を深めてから、死・中有・再生の過程を詳しく検証し、輪廻転生の仕組みを明らかにします。(2003/08/13-15)
第2回 チベット仏教札幌講習会
盛況に終わった北海道での第1回目の講習会に引き続き、チベット仏教講座が開催されます。北海道のチベットファン大集合!(2003/08/09-10)
初転法輪法要の御案内
チベット暦の6月4日(今年の場合、新暦の8月2日)は、「チューコル・トゥーチェン」といい、釈迦牟尼仏が最初の説法をなさった日とされています。(2003/08/02)
金剛界法の伝授
チャト・リンポチェ師がモンゴル御訪問の途中で来日される機会に、東京センターで『金剛頂経』に基づく行法の伝授を行なってくださることになりました。(2003/07/21)
ザムリン・チサン(贍部洲香供法会)
チベット暦の5月15日(今年の場合、新暦の7月13日)は、「ザムリン・チサン」といい、この世界の護法善神にお香を供養する日です。(2003/07/13)
ダライ・ラマ14世法王猊下御誕生日慶祝・御長寿祈願法要
法王猊下の御誕生日をお祝いするとともに、御長寿をお祈りする法要を、当日の夕方に厳修します。(2003/07/6)
サカダワ法要の御案内
チベット暦の4月は「サカダワ」といい、特にその15日(今年の場合、新暦で6月14日)は、仏教の教主である釈迦牟尼仏の御誕生・成道・入涅槃の聖日とされ、功徳を積む修行に最も適した機会です。(2003/06/14)
六字真言念誦祈願法会
ダライ・ラマ法王ほか恩深き偉大なラマ全ての御長寿と御健康を祈願して、「オーン・マニ・ペーメ・フーム」を一同で念誦する法会を開きます。(2003/05/04)
「六座グルヨーガ」瞑想指導
無上瑜伽タントラの灌頂をうけた方々対象に、菩薩戒・三昧耶戒などを中心とした「六座グルヨーガ」の内容の解説、瞑想の実践指導を行ないます。(2003/05/03)
2003年4月開講講座のお知らせ
春の新講座が4月21日より順次スタートします。本物のチベット仏教を学び、実践してみませんか?
チャンパリンポチェ師による密教伝授【東京広島京都
チベット仏教ゲルク派大本山デプン寺ロセルリン学堂の高僧で事相の大家として名高いチャンパ・リンポチェ師をお招きし、平成15年3月27日から4月15日にかけて、密教の灌頂などを授けていただきます。
チベット密教と『大日経』
大日経の位置づけ、その教理と実践の特色等についての講座を2003年2月11日に東京センターで開催します。
『札幌講習会』
2003年2月22-23日に高野山大師教会芸術の森主催でチベット仏教勉強会が開催されます。ソナム師が講師として招かれました。
『2003年ロサルの集い』
チベット暦2130年の新年を祝って3月2日に東京センターでチベット暦正月を祝います。
『観自在の成就法』
03年新春瞑想指導として1月13日に東京センターで開催します。
広島教室 2002年12月の講義内容
ゲシェーソナム渡印のため一部予定を変更し、斎藤師が講師を担当します。
京都教室 2002年12月の講義内容」
ゲシェーソナム渡印のため一部予定を変更し、斎藤師が講師を担当します。
「ガンデンガチュー」法要
チベット史上随一の大学僧・大聖者ツォンカパ大師のご縁日を偲んでの法要を厳修します。(2002/11/29)
ナーガールジュナの仏教入門
「友人への手紙」としても知られ、龍樹の教えのなかでも最も平易な『勧誡王頌』を分かりやすく説明します。(2002/12/22-23)
「カーラチャクラと無上瑜伽タントラ」
チベット密教最奥義の聖典についての講座です。(2002/11/23)
「入菩薩行論9章〜の解説と伝授」
2002年秋の集中講座第二弾です。いよいよ「智慧波羅蜜」についての詳しい解説に入ります。(2002/11/03-04)
2002年秋の新講座開講
2002年10月〜2003年3月末までの定期講習会お知らせです。
「倶舎論の概要」
9月23日に2002年秋の集中講座として倶舎論の解説を行います。
「入菩薩行論の解説と伝授」
9月15日〜16日、10月12日〜14日に2002年秋の集中講座として入菩薩行論の解説を行います。
「三十七菩薩行の実践的解説」
8月18日〜19日に2002年夏季集中講座として三十七菩薩行の解説を行います。
「般若心経の解説と伝授」
8月15日〜17日に2002年夏季集中講座として般若心経の伝授を行います。
ダライ・ラマ法王お誕生・初転法輪・ポタラ4周年記念法要
7月14日(日)に特別法要を行います。4年前、ちょうど初転法輪の日に東京センターを開基しました。
特別講演「チベットの密教法具2」
仏具一般に関心のある方も御参加も大歓迎。7/20(祝)。
ザムリン・チサン
6/24に、世界の護法善神にお香を供養する法会を飯能の大自然の中で行います。
サカダワ法要
お釈迦様の御誕生・成道・入涅槃の御縁日を皆で祝いましょう。今年は5/26です。
「チベット仏教文化講演会 at 福岡」
九州在住の方、必見。6/30に在日チベット人僧侶である本会会長が福岡で仏教文化を紹介します。
「唯識思想と中観思想」
ゴールデンウィーク特別講演その1のお知らせです。瞑想実践の鍵!
「六座グルヨーガの瞑想指導」
ゴールデンウィーク特別講演その2です。無上瑜伽タントラ受法者限定。
2002年4月開講講座
2002年4月〜9月末までの定期講習会お知らせです。
「ツォンカパ大師による顕教と密教の位置づけ」
2002年の新春特別講演です。
年末年始のお知らせ
2001-2002年の年末年始休講・閉館予定
チベット密教の集大成「真言道次第論」の概要
東京センターで「真言道次第論」を分かりやすく整理、概観します。
チベット語辞書、テキスト案内
チベット語辞書、入荷しました。
静岡定期講話会
10月から静岡センターにて、定期講話会が新しく始まります!
「ナーローの六法」の実践理論
10月7、8日奈良で集中講義を行ないます。
2001年10月開講講座
10月からチベット語&仏教講座が新しく始まります!
2001年4月開講講座
春4月からチベット語&仏教講座が新しく始まります!


1998年〜2000年までのニュース一覧| トップページへ